FC2ブログ

記事一覧

『反応しない練習』

草薙龍瞬『反応しない練習』KADOKAWA

反応しない練習

著者は僧侶。興道の里代表。1969年奈良県生まれ。中学中退後、16歳で家出・上京。放浪の後、大検を経て東大法学部卒業。政策シンクタンクなどで働きながら「生き方」を探求し続け、インド仏教指導者・佐々井秀嶺師のもとで得度出家。ミャンマー国立仏教大学、タイの僧院に留学。現在、インドで仏教徒と共に社会改善NGOと幼稚園を運営するほか、日本では宗派に属さず、実用的な仏教の「本質」を、仕事や人間関係、生き方全般にわたって伝える活動をしている。(カバー袖著者紹介より引用)
著者のブログ「もっとわかりやすくてやくにたつ仏教を」


法友T氏が読んで感銘を受けたという話を聞き、積読であったのをやおら取り出して一気に読んだ。
サブタイトルが「あらゆる悩みが消えていく ブッダの超・合理的な『考え方』」とあるし、経歴からも分かる通り独立系僧侶とはいっても原始仏教の教えを説いておられる。この本における仏典の引用はスッタニパータやサンユッタ・ニカーヤ、テーラ・ガーターからが多い。

T氏がこの本で一番感銘を受けた言葉は
「わたしはわたしを肯定する」(p81)だそうだ。
「『自分を否定しない』。どんなときも」という章で、自己否定の判断=妄想から脱却するための方法が三つ紹介されている。
一つ目は外を歩く。そして歩く足の感覚をはじめ、視覚、聴覚、触覚、嗅覚など「感覚」に意識を向けること。また、歩く途中で出会う人たちの生活を想像してみる、すると「いろいろな人生があることが見えてきますよね。人はみんな孤独です。でも、別の人の孤独を想うことができたら、そのとき孤独でなくなります。」この発想は素敵だと思った。
もう一つは、上と似た状態で、広い世界を見渡す。発想を変える。
三つめが先にあげた「わたしはわたしを肯定する」という言葉を自分にかけて、判断そのものを停止するという方法だ。
「仏教的な理解にてらせば、『自分を否定する』という判断に、合理性はありません。なぜなら、➀その判断は苦しみを生んでいるし、➁その判断は妄想にすぎない、からです。真実でも有益でもない判断は、必要がないというのが、ブッダの考え方です。」(p83)
全編こういった感じの、良く整理された明快な口調で説かれている。

私自身は「しなくていい判断は、しないほうがいい」「確かめようのないことは放っておく」というフレーズが心に残りました。
そしてもう一つは、快を否定しない立場。
執着は苦しみの元だが、五蓋に対処するときに➀反応に逃げない、➁快を見つけるという方法を使えとあって、興味をひかれた。
努力すべき対象(仕事、勉強、作業など)がある時、それを積極的に楽しむ。「楽しんでいるぞ」と意識することで、「ぼんやり心」が「すっきりと楽しい心」に変わるというのだ。
楽しむことに罪悪感を持つ癖がある自分にとって(なぜか同じことをするなら苦しむ方が上等という思考癖が抜けないのですよ)、重要な指摘のように思った。
確かに、鞭だけで精進を起こそうなんて苦しすぎて無理ですよね。

日常生活に仏教的な発想を生かすための本は数多く出ていますが、語り口がすっきりしていて読みやすく、良い本と思いました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
スポンサーサイト



コメント

トラックと荷台の関係

およそあらゆる善心不善心に共通して働く共一切心心所7(触.受.想.思.一境性.命根.作意)と細かい例外を除くと同じく働く雑心所6(尋.伺.勝解.精進.喜.意欲)からなる[同他心所15]が[トラックの頭の部分(エンジンとか座席とかハンドルとかのあるドライバーの城になる部分ですね)]で、その後ろに連結する[荷物]を浄心所にするか不善心所するか(慈悲や気づき、柔らかさや軽やかさなどのワゴンを連結するか、怒りや貪り、頑なさや上ずりなどのワゴンを連結するか)は、どっちか積まなきゃならない荷物としては等価だから、せっかく自分のトラックに連結するならごきげんなほう積み込んで長旅したい、みたいにと捉えると見通しいいかもですね。

ーー
※まったく蛇足というか人によっては禁忌な助言?お節介?ですが、しのさんこれだけ勉強家でかつ実験家なのだし、型瞑想がしんどくてあんまし好かないってことを受け入れたのをいい機会と捉えて、いっぺんアビダンマやヴィシュディマッガを腰据えて勉強してみてはどうかななんて。
こう、聞きかじりで天ぷら揚げてみたらギトギトで不味かったから天ぷらはまずい料理だみたいな外国人のフォーラムがあったら、ちょいちょい、、って思うじゃないですか。しのさんが、ってわけじゃないですけど、ゆるめの法話やふわふわした瞑想知識とそこから導いた自分の思いこみで、たとえばラベリング瞑想は気づきの瞑想と違って集中瞑想だからしんどい、みたいな明後日の方向で苦しんでる方思いの外多かったり。。テスト範囲も試験時間も知らないでプリントだけ配られて解き続けるのは辛かろうみたいな。。

押し付ける気はまったくないですよ。
でもしのさんなら教理教学そのままガチガチの原理主義者に堕ちていくことなく、無勝手流に流れることもなく、自分の頭で考えて整理して、自分の生活で実験してまた検証して精査して〜っていう、生きていることにワクワクするようなダイナミックな楽しみをできるかななんて。ちょっと内緒の話でした。

7+6は13。。

なんか固いこと書いたろって思って書いたらてきめんシクってました
詰めが甘い笑 恥ずかしっ(//)

Re: トラックと荷台の関係

YMさま

コメントありがとうございます。
そして、いつもながらのわかりやすい比喩、ありがとうございます。

そうですね、他の方が説明してくださるのを又聞きして考えるよりも、なるべくお釈迦様のおっしゃったことに近い言葉に触れるほうがいいですよね。
なかなかアビダンマや清浄道論まで読みこなせないと思いますが、心がけます。


YMさんがお幸せでありますように。

No title

こんにちは。きのう「泣けました」saraでございます(笑)。面談、講習レポートがとても読みやすく有用でしたので、また学ばせてもらおうときてみてびっくり。私、プラユキ師と草薙師を勝手にMY僧侶様指定しておるんでございます。

仏教に興味もない段階で、プラユキ師の講演を聞いて実践仏教のすごさに感激して、次に読んだのが草薙師の実践仏教本。「反応しない」は出てすぐに本にサインしていただきました(ミーハー)。そこに「いつも’自分’から自由であること 是我らが仏道magga也」と書いてくださいました。「えー、そういう話だったんですかぁ!? てっきり自分をよく生きる話かと…」と何度も読み返したら何だかさっぱりわからなくなり…  他の仏教本も少し読むようになって、ちょっとずつ仏教の輪郭に親しむようになってきたところ、、でございます。

しのさん(と勝手に呼ばさせていただきます)のエントリーは5,6個しか読んでないですが、瞑想実践者の糖質制限とか、もー共通点ありすぎ!(笑) 瞑想会などで、おにぎりを持ってきてとか、菜食の弁当を持ってきて、って書いてるとこ結構ありますよね。そんなーって思うんですよ! 菜食の方が穏やかになれるって信じたり実感してる人ってとても多いですよね。まあ、糖質制限者は血糖値の安定が穏やかへの道であることは明らか。ただ制限しないでも血糖値が安定する人には関係ないでしょう。だから菜食糖質制限という難しい食生活が理想なのか、、と思ったり。いやタイやミャンマーの僧院は菜食じゃないぞ、と思い直したり。でも実際は糖質制限でさえちゃらんぽらんな私です。

話がまとまらずすみません。
素敵なブログだと思います。どっかの瞑想会とかでご縁があったらお会いできたらうれしいです。
しのさんがお幸せでありますように。

Re: No title

saraさま

コメントありがとうございます。
こんなに共通点があるとは、ご縁を感じますね!

>「いつも’自分’から自由であること 是我らが仏道magga也」と書いてくださいました。
良い言葉をシェアしてくださって、ありがとうございます。

糖質制限、私の場合はアレルギーのせいでよんどころなく食べているわけですが、瞑想者で糖質制限ニストがなかなかいないのでうれしいです。
菜食かっこいい、マクロビおしゃれというのも洗脳・妄想のうちでしょう……とうそぶいてはいるのですが。

どうかこれからもよろしくお願いいたします。

saraさんがお幸せでありますように。

No title

リプライありがとうございます。
私は「ああ、死んだ動物の肉ばかり食べてるわ」とか思ったりするヘンな人でもありますが、糖質制限瞑想者っていう新しい分野(??)いっしょに楽しんで参りましょう!よろしくです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク