FC2ブログ

記事一覧

寝過ごし無罪

《二日目つづき》

昨日も書いたが(そしてエアコンの話で脇にそれたが)、今朝はとてもよく眠れた。
はじめたころの自宅リトリートでは、昼寝してしまったり長時間眠って朝寝過ごしたりすると強い自己嫌悪を感じたものだ。
今でもちょっと(よくないことをした)という気分は立ち上がるが、同時によく眠れることのポジティブな側面にも目をやることができるようになって、「こうであったという事実」に揺さぶられにくくなってきたように思う。
目の前の事実を、それまで繰り返し使ってきた「自分にとって当然そうあるべき」視点からの判断だけではなくて、「そうでない結論もありうる」という保留、ツッコミ、少しの余地…ができてきたことで、楽になってきた。

もちろん「ここは何としてでもこうあらねばならぬ」という決意が、普段できないことをさせてくれる場合もある。
具体的かつ短期的な目標があってそこを突破したい時なら、意図的に一つの価値で自分を縛り上げるのもありかもしれない。私も集中内観やグリーンヒルにいたころの10日間合宿では目を血走られていたと思うし、今にして思えばリスクの大きいチャレンジもあったが相応のリターンもあった。

しかし今やっているのは自宅で、一人で、自分とゆっくり付き合うリトリート。
散歩のようにゆったりと行こう。何と出会っても、道に迷っても、気づいていればそれでオッケー。
大丈夫な時間を味わうのだから、自分がだめだと思うこと、例えば寝過ごしたとしてもそれはそれで「私の失敗」や「だめな私」にはならない。
もちろんこれは何もしてもよい、ということとは違う。お読みになっている方はお分かりですよね。

生きとし生けるものが幸せでありますように
スポンサーサイト



プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク