FC2ブログ

記事一覧

初夢

夢については書いたことがあったが、ずいぶん前だからまた書いてもよろしかろう。

私が自分の夢を分析する方法は、特に誰に習ったわけでもなくいろいろな手法の聞きかじりである。
夢は自分のイマジネーションにすぎず、目が覚めてしまえばその世界はすでにない。
これは普段の脳内に展開される連想と気づきの関係と同じだ。
ただ普段は自分の想念の中身に自分なりの筋を読み取れるが、夢は「夢語」だからちょっとわかりにくい。だから、一見不条理だったり驚かされたりすることもある。
「夢語」を読み解くために「夢判断」とか「夢占い事典」みたいな本もある。
でも、全ての夢は自分の中から出てきたものだから、外の言葉によって夢を解いてもらわなくても自分ひとりで解釈できるように思う。

この辺はフォーカシングから影響を受けているが、夢に出てくる全ての人物は自分(=自分がもっているなんらかの要素)で、全てのものや現象は自分がつくり出している。
それらの役割が何かを判断する最大の手がかりは「それを見たときの自分の気分」であって、世間一般の評価とは無関係だ。

たとえば桃太郎が出てきたとき、その桃太郎の物語を自分がどうとらえているかが夢解釈に必要な手掛かりで、桃太郎の物語自体を知らなくても全く差し支えない。
一人のアイドルが100人の夢に登場したとしても、そのアイドルについて考えていることや感じていることは100人バラバラだから、夢占い辞典を引いてみても意味がない、と考える。

気分の中でも一番大きい手がかりは、目を覚まして夢を見ていたと気づいた時の気分だ。
ほっとしたり、夢の中の経験にこだわっていたり、見たことを覚えているくらいだから何か印象が残っているはずで、それが夢を使って解決したかったことだろう。

夢が現実の予知をしたように見えることもあるが、それは自分がすでに予測しているが意識にのぼらせなかったことを、夢が検閲をすり抜けて提示しただけで、あまりに夢を神秘的にとらえすぎるのもどうかと思う。

だらだら書いてきたが、今年の初夢はただの「想念」だけで、視覚を伴ってなかった。
これは初めての経験だが、ひょっとしたらそういう夢はけっこう見ていて、自分が覚醒した時に覚えてなかっただけかもしれない。
妄想としてみれば、ハマりこみが深いほど視覚などの五感を伴うので、想念だけに気づけたというのは悪いことではないように思う。
そういえば最近あまり夢を見なくなった。
これもまた、悪いことではないように思う。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク