FC2ブログ

記事一覧

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート6

(続きです)

今の世の中は、便利にはなりましたが、難しくなっています。
私が子どもの頃は万博とか高度経済成長で、社会が一方向にむかっていて、「こうしたら、こうなる」ということがわかりやすかった。
今は南国の珍しいフルーツが普通のスーパーで売られていたり、新幹線で移動出来たり、コンピューターがあったりして「便利」にはなりました。
でも先がどうなるかわからない。
昔はみんな結婚して終身雇用があって年金があって、年取ったらこうなる…と見えていたが今は不安定で、根本的なところで不安があるようです。
多様性というとキレイだが、軸がない。

そんな時、自分にどう責任を持つんだ。
この洞窟でどうsurvive(生き延びる)するんだ。
という時に、この三つ(諸行無常、苦集滅道=四聖諦、因縁)はすごく力があります。

お話ばかりになってしまいましたが、少し瞑想しましょう。

今回はあまり手加減せず…言いたい放題で言うかもしれないので、私の言うことがわからない、賛成できないと思ったら、(まあ、そんなもんか)と聞いておいてください。

瞑想する中での「存在のあり方」っていうことをこの人(私)はしゃべるんだろうと思います。
そうかと思って聞いてください。

最近、日本でやられている瞑想会では呼吸を見る、体の感じを見るというのと、気づきが中心かと思います。
瞑想を説明するにはobject対象のことを言います。
呼吸を見ていますとか、光に心を合わせますとか言うと分かりやすい。
でもこの人(私)のやり方は「Doing Nothing」であります。

(注・ニャーナラトー師、ときどき一人称が「この人」になって、「このひとは~するらしいです」とご自分のことをおっしゃるのである。なんだか他人事というか、その場で聞いていると無我っぽくていいなあと思うのだが、文章にするとわかりにくいので、これ以降は適宜変更させていただく。)

(続きます)

生きとし生けるものが幸せでありますように。

スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます!

はじめまして!
ニャーナラトー師の リトリートは 、日程が合わず参加できませんでした。しかし、瞑想以前さんで リトリートのレポートをしてくださり とても助かっています。心から感謝します。続きもとても楽しみです!
ありがとうございます(^^)

Re: ありがとうございます!

まる様

コメントありがとうございます。
そういって頂けると、励みになります!
とてもうれしいです、ありがとうございます。

でも、やはり私の筆では伝えきれないものがニャーナラトー師の言葉というか、存在にはあると思うので、ぜひ次の機会にはリトリートに参加されてください。
いつかリトリートでご一緒できる日を楽しみにしています。

まるさんがお幸せでありますように。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク