FC2ブログ

記事一覧

レタス第一回マインドフルネス瞑想ワークショップ7

(続きです)

(大友氏の話)

犬の散歩をしていた時、自分の足首がロックされているのに気が付いた。
そこで力を抜いて歩いてみた。
(いいじゃん!)と思ってたら少しつまづいてしまった。
ロックしてるのがよくないって思ったけど、体は分かってたんだ。
じゃあ、なんでもいいや。体に任せよう。
そう思ったら力が抜ける。
自分はいやだけど、それでもまあいいやと歩き出す、この感じ。

これができないと問題になってくるのが、「仏教ってこういうことなんだよ」みたいな話を聞いた時にイラっとする、そういうようなこと。
仏教について、じゃあ自分の知っていること信じていることは絶対なのかというと、そうではないし、そもそもブッダが言ったことも長い年月の伝承のうちに変化しているはずですよね。
まったく自分と違うもの、遠いものについてよりも、近いものと一致しないことの方がイラっとする。
このいら立ちをよく観ること。
ほとんどOKなのに、ほんの小さい間違いにイラっとする感じ。
そういう感じの観察を、日常に活かしていきたい。

鐘がなったら瞑想スタート。
でもそれは特別な訓練であって、本当は日常の中に細かくそういう注意を染みわたらせていくべきだと思います。

マインドフルネスはとっつきやすいけど、奥が深い。
我々ももっと研究して分かりやすく伝えてゆきたいし、皆さんも協力してください。感想や質問をフィードバックしてもらえるとありがたいです。

では後半は瞑想しましょう。
中心対象やラベリングなどのスタイルは自由にやってください。
肝心なのは、「呼吸から離れない」というちょっとした意思を持つこと。

*****

座って呼吸瞑想をしたのだが、ここで面白かったのが途中で大友氏から入った指示。

「ではここでゆーっくりと目を開けてみてください。
上下のまぶたが離れる感じ、光を感じて視覚があらわれるのを意識してよく観察してください。
しばらくそのまま開けていてください。」

しばらくそのまま瞑想した後、問いかけがあった。
「まばたきする直前に、目の表面が乾く感じがあるの、わかりますか。」

「呼吸に集中しているときには目の乾く感じに気づかなかったと思います。
つまり、瞑想ができていないと思っていても、実は皆さんかなり集中しているってことなんです。
『自分のやっていることは大したことない』と、勝手に思わないで。
みんなちゃんと、やっています」

(続きます)

生きとし生けるものが幸せでありますように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク