FC2ブログ

記事一覧

引き寄せ談義

 「お金、儲けてもいいんじゃないかと思うようになったんですよ」
法友、突然の宣言である。

「ええ、いいんじゃないですか?正命(しょうみょう)でしたっけ?正しい方法で儲けるのは別に罪でも何でもないでしょう」
「それがね、長らくこういう瞑想界隈にいると、『清貧こそ正しい』みたいな洗脳があって、なんだかお金をもらうことに罪悪感がある。請求書を出すのをためらって、支払いを貰いそびれたりとか」
「ああ、気持ちは分かります。『お金のことを言うやつは汚い』みたいな感覚、普通にありますもんね。特に宗教色のあるコミュニティでは『お金に興味ありません』っていう顔をしてないと非難されそうな」
「そうそう」
「でも、請求書は出した方がいいですよ。交通費の清算とかも、べつにあなたが出さないことで世界は救われたりしませんし。」
「まあそうなんですけど。
よく観察してみると、このお金に対する『恥の意識』って、自己肯定感の低さから来ているんじゃないかと思うんですよ」
「自己肯定感ですか」

出た、このどこにでも出てくる大問題。
自己肯定感。

「そう、(自分はそんな報酬に値しない)みたいな無意識があるから、物質的に今一つ恵まれないんじゃないのかなって思うんですよ。もちろん、生まれてから今までそんなひどい不自由をしたことはないけれど、自分の能力の割には稼げてない気がする。
意識を変えることで現象は変わるんだから、金とか物質に対する潜在意識を変えることで、もっと恵まれた状況になることは可能なはずだって思うんですけどね」
「ああ、そうですね。私もそう思います」
この法友は優秀な人だから、おっしゃることはごもっともである。
「でしょう!
だからしのさん、何かインストラクションしてくださいよ」
「え?私が?」
「だって、引き寄せが得意だってブログに書いてたじゃないですか」

いやあ、そんなこと言われても…自己肯定感の問題は私だって継続取り組み中ですから。
それに瞑想に関して言えばこの法友氏は私とは比べ物にならない上級者で、私のほうがインストラクションしてほしいくらいである。

「いやいや、それはちょっと荷が重すぎる……でも、瞑想者同士で金の話をする機会もあまりないから、ちょっと面白いですね。
例えば、朝の9時に電話がかかってきて、『いまから1000万があなたの手元に届きますから、今夜9時までに使い切ってください。使いきれなかった分は消滅します』っていわれたら、どうします?」
「え?1000万?」

そう、あなたならどうします?

(続きます)

生きとし生けるものが幸せでありますように。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク