FC2ブログ

記事一覧

今年もお世話になりました

今年もつつがなくブログを書き続けることができました。ありがとうございます。あってもなくても大過ない個人のブログなのですが、2015年から書き続けていると自分の備忘録として便利になってきました。印象に残った今年の出来事をまとめておきましょう。聞法ではプラユキ師のアーナパーナ・サティ講座がいったん完結したこと。5月6日の第4回で完結。http://meisouizenn.blog.fc2.com/blog-entry-1103.htmlそして3月にニャーナラト...

続きを読む

2018年で印象に残った本

年取った。いきなり何かと思われるであろうが、ここ数年老眼が進行して根気も萎え気味であり、あまり本が読めなくなった。そんな中で印象に残った本なのだから、ご紹介するのも恥ずかしいぐらいだが、自分の備忘録のために書いておこう。仏教書のレビューはあまりしないことにしているので記事にはしていないが、プラユキ・ナラテボー師と藤田一照師の共著『仏教サイコロジー』(サンガ)。出たのが下半期ということもあるが強く印象...

続きを読む

本当に信じてるのは何?

先日、ある友人からこういう質問を受けた。「初めての現場で今までやったことのない作業を一人ですることになって、先輩の応援も頼めないってことになったのよ。その時はもう、眠れないし緊張するし、『ヤバい、俺絶対失敗する』ってことばっかりぐるぐる考えてたの。それが当日行ってみたら、要求されることが思ったより簡単だし、ちょっとだけ慎重にやれば全部クリアできて、先方にも褒められちゃったのさ。これってどういうこと...

続きを読む

良い奴も、よく眠る

整体に行ってから数日たったある日。ボランティアに行ってきたのだが、家に帰るなり滅法だるい。小児科のクリスマス会を手伝って、いつもと違う段取りで動いたせいかもしれない。理由はともかく、背中の神経痛もなかなか治らないし、ここは無理をせずに早く寝よう。やっておきたい作業はあるが、9時に寝ればいくら何でも5時か6時には目が覚めるだろうし、明日は瞑想会だけど午前中は空いてるから大丈夫!そう思って寝た。起きたら...

続きを読む

気づきの抜き打ちテスト

ふだんはシャワーで済ませているが、帯状疱疹の後遺症である神経痛が急に発症したため養生をかねて湯につかっている。日中ボランティアをして帰宅後、風呂上りに凍えないよう部屋の電気ヒーターをつけた。(風呂上がりにドライヤーを使うから、今のうちにレンジを使っておくか)と、切り分けたブロッコリーをレンジに入れた後、折よく湯のたまった風呂にドボン。ああ、温まる。一人で入る風呂に湯を沢山使うのは申し訳ない気がして、...

続きを読む

体の理屈

半月ぐらい前に、急に冷えた週末があった。起きたら脇腹が痛い。(あれー寝違えたかなー)と呑気にしていたが、夜お風呂に入ろうとしてハッと気が付いた。(これ、帯状疱疹の痛みにすごく似てる!)昔は帯状疱疹は一生に一度の大病と思われていたが、私はすでに二回もやっている。(前回は二年前、ブログでもネタにした)震えあがって、次の日ボランティアもそこそこに行きつけの皮膚科に行った。結論としては幸い再発ではなく、単なる後...

続きを読む

皆でディナーを

クリスマス、ひと昔ほど派手な感じはなくなったけれど、やはりちょっとご馳走を食べたい気分になりますよね。今年はミャンマーの施設のクリスマスツアーには参加しなかったのだけれど、お食事の寄付をしました。去年のツアーでもお食事の寄付をしに来た人を見かけたのだけれど、ミャンマーでは自分の誕生日やお祝い事に福祉施設に食事の寄付をするのがごく一般的な習慣なのだそうだ。お誕生日でも、お祝いに来てくれた人に感謝を込...

続きを読む

第4回レタスマインドフルネスワークショップレポート4

(続きです)質疑のあと、坂井氏より「汚れている、そういう怒りが出てくるのはいいが、自分が怒っているという自覚はあった方がいい。それがないと恐ろしいことになりますよね。自分の心が汚れているものだという自覚があるからこそ、自分を向上させ、相手に慈悲の気持ちを持つこともできるわけでしょう」そうですね!「こころをきれいにする」という言い方はあやふやなところがあるから、「自分の汚れを自覚する」のほうがいいよう...

続きを読む

第4回レタスマインドフルネスワークショップレポート3

(続きです)(質疑での坂井氏の発言より)仏教的なこまかい定義の上で何が真実か(様々な説の中でどれを選ぶか)というより、今俗世にいる私たちにとって何が人生を楽に生きるために役に立つかということを考えるのが私の好みです。集中はノリです(笑)。意識的に自分をのせていくことです。狙っていった方が上がります。集中力が上がりづらいのは、分析しちゃう人です。「信」が大きくて「疑」が少ない人が、知らなくても深い集中...

続きを読む

第4回レタスマインドフルネスワークショップレポート2

(続きです)スカはピーティのような感激ではなくて、平穏な感じです。たとえ雑念があっても、心が落ち着いて深い安心感がある。平穏、平静、ずっとこうしていられるような感覚です。そのような楽しさ、喜びを定力を高めることで味わうには、食事の工夫の他にもポイントがあるのではないか。私は、サマタ瞑想には「セッティング」が大切ではないかと考えるようになりました。「瞑想の状態がこのようになれば、ピーティ、あるいはスカ...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク