FC2ブログ

記事一覧

プラユキ師の自他の抜苦与楽をダンマパダに学ぶ会6

(続きです)*****この後手動瞑想、歩行瞑想、呼吸瞑想の実習。いつもの解説ですが、受けるたびに新鮮な発見があります。ポイントをメモしておきます。〇手動瞑想・歩行瞑想手(足)の動きに一々気づくこと。目を開けてやることで、日常生活にシームレスに活用できる瞑想である。覚醒の瞑想で集中の瞑想ではない。手の動き、一コマ一コマにパッパッと気づくこと。一点に集中したり、感覚をとろうとしなくてよい(そうするとサマ...

続きを読む

プラユキ師の自他の抜苦与楽をダンマパダに学ぶ会5

(続きです)41 ああ、この身はまもなく地上によこたわるであろう、――意識を失い、無用の木片(きぎれ)のように、投げ棄てられて。42 憎む人が憎む人にたいし、怨む人が怨む人にたいして、どのようなことをしようとも、邪なことをめざしている心はそれよりもひどいことをする。43 母も父もそのほか親族がしてくれるよりもさらに優れたことを、正しく向けられた心がしてくれる。41は死者の様子を示しています。42では、邪ミッチャ...

続きを読む

プラユキ師の自他の抜苦与楽をダンマパダに学ぶ会4

(続きです)戒も定も、慧を得るためのものなんです。そこまでは善と悪のある世界であり、悪を非難し怒ることもあると思いますが、智慧を得たときには全体を見ることができ、自他を悪としてみるのではなく、「これあればかれあり、これなければかれなし」の縁起を見て理解し、状況への執着から解放されます。定まではサマタ瞑想の力、慧はヴィパッサナー瞑想の力といえるかもしれませんね。ただ気付いて、観察する。はからいを捨て...

続きを読む

プラユキ師の自他の抜苦与楽をダンマパダに学ぶ会3

(続きです)35 心は、捉え難く、軽々(かろがろ)とざわめき、欲するままにおもむく。その心をおさめることは善いことである。心をおさめたならば、安楽をもたらす。36 心は、極めて見難く、極めて微妙であり、欲するままにおもむく。英知ある人は心を守れかし。心を守ったならば、安楽をもたらす。この二つの句では、心のデフォルト状態というのは浮動・散乱するものということを説いています。第二章でよく出てきた「放逸(パマ...

続きを読む

プラユキ師の自他の抜苦与楽をダンマパダに学ぶ会2

(続きです)プリントに四聖諦「苦・集・滅・道」の説明があります。ここでの「諦」とは真理という意味です。まず「苦」諦ですが、「人生は苦しみだ」とは言ってない。苦しみがあることをまず理解する。心はざわめくものだと理解する。それが苦諦。苦しみにハマりこむことと、苦しみをちゃんと客観的に理解することは違うんです。苦の存在を客観的に見ることができれば、その原因も見えてきます。原因は無明・渇愛・執着であると分...

続きを読む

プラユキ師の自他の抜苦与楽をダンマパダに学ぶ会1

10月31日夜に開催された『自他の抜苦与楽をダンマパダに学ぶ会』に参加しました。開場は秋葉原駅から近い公共施設のきれいな和室。座椅子も用意されて、プラユキさんの笑顔とともに、リラックスした雰囲気の会でした。今回もその時に聞いた内容を皆様とシェアしたいと思います。毎度のご注意ですが、録音などはしておらず、私のメモから起こしたレポートなので師の言葉そのままではありませんし、正確さにも欠けるところがあります...

続きを読む

『のこす言葉 野見山暁治 人はどこまでいけるか』

のこす言葉編集部・編『のこす言葉 野見山暁治 人はどこまでいけるか』平凡社野見山暁治は画家。1920年、福岡県生まれ。東京美術学校油画科卒業。応召ののち病を患い療養所で終戦を迎える。52年に渡仏。58年安井賞受賞。64年帰国。81年まで東京藝術大学教授を務める。2014年文化勲章受章。文筆でも活躍し、『四百字のデッサン』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。ほか著書多数。正直に言えば、この人の絵は私にはよくわからない...

続きを読む

りんりんふぇす

10月27日(土)はりんりんふぇすだった。路上生活者の自立を応援する雑誌『ビッグイシュー』をさらに応援するための音楽イベントである。昨年に続いてつくろい東京ファンドが参加し、私は今年も販売コーナーの売り子をすることになった。つくろいがやっている事業はどれも利益を出すことはなかなか難しいので、こういう折に頑張らねばなりません。そこで「ジンジャージャムを作って売ったらどうかな?」と発案し、Kさんの協力を得...

続きを読む

『家で「肉食」を極める!肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』

松浦達也『家で「肉食」を極める!肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』マガジンハウス著者は「食べる」「つくる」「ひもとく」を標榜するフードアクティビスト。テレビ、ラジオなどで食トレンドや食ニュース解説を行うほか、「dancyu」などの食専門誌から週刊誌、そのほかWebサイトなどでの執筆も多数。飲食店徘徊や「食」の仕組みや科学、起源をひもとくのが大好物。日本BBQ協会公認上級BBQインストラクター。(巻末著者紹介...

続きを読む

第二回レタスマインドフルネスワークショップレポート8

(続きです)組み立てと、もう一つは観察力。心の中だけでなく、外も観察するのが大切です。まずは「ご安全に」。ありがとうございました。*****このあとは質疑応答。質問については個人的な内容が含まれるので省略します。回答より抜粋瞑想は続けていても、そんなに変わりばえしませんよ。一日15~30分ぐらいではね。でも、続けていられることに感謝したほうがいいです。身内に何かあったり、借金があったりしたら、坐ってら...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク