FC2ブログ

記事一覧

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート31

(続きです)(瞑想が進んでいるのか確かめる方法は?という質問)自分の瞑想は、最後は自分にしかチェックできませんから大切です。「これでいいのか?」という時、まず「楽になっているか」。お釈迦様の教えは幸せになるものですから、楽になる感じがあればよいです。もう一つ、クリアになる感じ。すっきりしているか。自分で自分をだまさずに、正直に見てください。みんながしているから、えらい先生が言っているから、それでいい...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート30

(続きです)(劣等感についての質問)劣等感については多くの人が苦しんでいると思います。我々は、人に対する評価、価値づけをしますから。一つには、どこに自信を持つかということ。昔からずーっと積み重なってきた劣等感、簡単なことではないと思います。でも他者との比較は問題ではないです。本当の自信はダーナ・シーラ・バーワナーを繰り返していくと、今日明日では難しいけれど、必ず育ってきます。もう一つ、法の上での平等...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート29

(続きです)それから、孤独感について。タイの学僧であるプラ・パイオットが、「現代社会では孤独の問題が大きくある。仏教は孤独ということについて、正しく自分に帰る、自分を強くすることを説く。ブッダの教えはそこにある」と言っています。仏教は、孤独でいても問題はないと説いています。それは「友情なんかいらない」という無味乾燥なことではなく、修行の中で一人でいられるということです。人は六門から気持ちの良い刺激(...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート28

(続きです)質問にお答えします。(いくつかの質問の答えから、抜粋してあります)(人間関係がうまくいかない、つらいという内容の質問)人と一緒にいることの難しさですね。いくつか思ったことを言いますと。新聞で、漫画家の蛭子能収さんが出ていました。9月は学校が始まって自殺が多い時期だという話題で、蛭子さんは「全然友達なんかいらない」という話をしていました。(参考・with news2018年8月29日『「ひとりぼっちでもい...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート27

(続きです)縁起の話を先ほどしました。お釈迦様の教えの根幹と思うことをお話しているのですが、お釈迦様のあり方は一つは智慧、一つは慈悲ということが言えると思います。昨日から言っているのは智慧の方で、それは大変すばらしいが、受け取る方がちょっと固くなる……理屈、~でなければいけない、でもできない…というふうになるかもしれない。ダーナ・シーラ・バーワナーのうちでシーラが重くなってしまうかもしれない。自分はで...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート26

(続きです)瞑想の時の縁起のポイントが2つあります。1つには、渇愛にどう付き合うか。ストーリーが起きた時、電車に乗るか乗らないか。2つめは、何が安全なのか、何が正しいのかという縁起全体への理解。これは他人のことをどうこう言うためのものではなくて、自分を律し、自分を大切にするためのものと分かります。縁起を見ていると、他から罰されなくても、結果は必ず自分に戻ってくるとはっきりわかるんです。行、これはカルマ...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート25

(続きです)目で見たことによって意識=識が生じ、それに伴ってお酒に関する心身の反応(名色)があらわれます。酒の広告を見た(六処→触)ことで、何か感じが起きる(→受)。お酒が好きなら、広告を見て(ああ、いいなあ)という感覚が出てくる。そこから渇愛(酒が飲みたい)となって、取、これは執着です。どうしても飲みたい、飲まなくてはという強い気持ちになり、有「じゃあ飲もう」という行動につながる意志、それが生=行動になり...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート24

(続きです)縁起のお話をしたいと思います。何度もしゃべっていますが、大切なことです。こうやって私たちが生きていく日々を、どうやって自分を確かなところに育てていくかという話です。仏教の本では何冊にもなるようなお話ですが、今日はパッチューパンナ「今、ここ」とこの縁起がどう関係あるのかということをざっくり話します。こまかいところは不正確になるかもしれません、お許しください。十二縁起「縁起」は「因果」という...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート23

(続きです)もう一つ質問ですが、「瞑想するとき、呼吸中心にやっていないと心がさまよいやすいです」そうですね、Doing Nothing、対象がないというのは変なやり方ですから、無理しないでください。対象がないと心がさまようのは自然なことです。呼吸を感じるやり方で結構です。こうやって座って、体と心をチェックしてみてください。体のしんどいところ。気持ちの上でも、眠い、疲れているとか、そのままに出会ってみてください。...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート22

(続きです)昨日からDoing Nothingとか、諸行無常とか言っていますが、言葉足らずでうまく言えてないように思います。人生の局面で苦しい、困ったことに会う。「何も、問題ないです」と言っています。苦しみが問題じゃないといっているのではないんです。人によっては先生にそういわれて楽になるとか、あるいは逆に苦しむとかあるかもしれませんが。一つ一つの難しい思い、経験を軽く見ているのでは全くないです。苦しみはときに我...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク