FC2ブログ

記事一覧

お食事の供養

ゴールデンウィークの一日、比丘にお食事の供養をする会に参加した。タイで出家された法友Oさんの師である大福長老(日本人比丘・仮名)が一時帰国される。また、大福長老に教えを受けられた後、現在はミャンマーのお寺にいらっしゃる日本人比丘、慈心長老(仮名)もたまたま日本にいらっしゃるので、お二人をお招きして用意したお食事を召し上がっていただこうという会である。テーラワーダのお坊さんが固形物を口にしていいのは正12...

続きを読む

一日瞑想会@home続き

(続きです)コーヒーで気持ちが悪くなるし、卵は割るし(翌日は豪勢に卵五つを使った目玉焼きを作って、二回に分けて食べた)、一日瞑想したって効果なんかないよなあ。と思いつつ、その二日後。朝の座る瞑想が、なんだか調子がよかった。最初からよかったのではない。途中、くしゃみが出そうになった。それが中途半端なまま、止まってしまった。あの、出そうで出ないムズムズした感じがあるのだが、あれってどこに「ある」のかご...

続きを読む

一日瞑想会@home

4月の末にも、自宅で一日瞑想をした。いろいろと書きたいことややらなくてはいけない作業もあったのだが、しかしここで一日は瞑想のために使っておかないとね、という気分があった。ハムスターの回し車が、自分のペースよりも少し早めに回り始めていて、ここらで一度ペースを取り戻したい。そのためには頑張って足を速めるよりも、立ち止まった方がいい。そんな感じ。(9時から5時まで頑張って瞑想するよ)と思って寝て、起きたら9...

続きを読む

カフェ一周年

ちょうど一月前のことである。ボランティアに行っている『カフェ潮の路』が4月末で一周年を迎えたので、感謝イベントがあった。そのイベントにもお手伝いに行ってきた。会場は近くの教会の信徒ホールを借りて、予約不要、参加無料だがカンパを募るという形式。出演は噺家の立川らく人さん、ダンスパフォーマンスグループの新人Hソケリッサ!の面々、そして座談会に山谷で長らく支援活動をしている中村訓子シスター、ソケリッサ!を...

続きを読む

お静かに

最近、ちょっとだけ自分を観察できる感じが訪れたり訪れなかったりするようになってきた(歯切れが悪い)。毎朝30分ぐらい瞑想している。今までは考え始めたらもうあっという間に妄想列車が爆走してどこかに連れて行かれて終点につくまで戻ってこなかったのだが、最近は(あ、妄想していたな)と気づいて、その妄想をざっと見返すことができる。まあ、たまにはね。脳内に何か沸き立ってきて、それが「プワンプワンプワーーン(昔の...

続きを読む

3月の反省

5月も終わりごろになってする話題じゃないだろ、と思いつつも自分の備忘録として書いておくことにする。今年の3月はとても魅力的なリトリートや講演会、瞑想会が多くて、少し予定を入れ過ぎてしまった。頻繁にダンマの話題に触れるというのは良い事だと思うのだが、わたしの場合『それをブログで記事にして、善友の皆さんとシェアしたい』という欲望がある。誰も『ブログを頻繁に更新してくれ』なんて頼んでないのに、せっかく毎日...

続きを読む

『いのちのエール 初女おかあさんから娘たちへ』

田口ランディ『いのちのエール 初女おかあさんから娘たちへ』中央公論新社著者は作家。1959年生まれ。90年代後半からメールマガジンを配信、購読読者数10万人を獲得。2000年6月に長編小説「コンセント」がベストセラーとなる。その後、作家として活動。小説以外にも、エッセイ、旅行記、ノンフィクションなどを幅広く執筆。社会的な重いテーマからSF、オカルト、仏教とボーダレスな作品群。(公式ホームページ・プロフィールよ...

続きを読む

からだと私

4月のことだが、上野の国立科学博物館で開催されている「人体 神秘への挑戦」という特別展を見てきた。(特設サイト)http://jintai2018.jp/リンクさせていただいているブログ『タイ佛教修学記』で「不浄観」の修行が取り上げられたのが印象に残っており、即物的な人体の捉え方に触れることで「無我」の理解に資するところがあるかもしれないと思ったのだ。平日なのに結構な混雑だった。隣り合う人と肩が触れるくらい。中高年だけで...

続きを読む

『こじらせない練習。 「今」に生きる人のための心理学』

石原加受子『こじらせない練習。 「今」に生きる人のための心理学』すばる舎著者は心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱する心理相談研究所オールイズワン代表。「自分を愛し、自分を解放し、もっと楽に生きる」ことを目指す、自分中心心理学を提唱。『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』など著書多数。(巻末著者紹介より抜粋)タイトルの「こじらせない」とは、人間関係のことを指しているのだろう。「自分は何もしてい...

続きを読む

ニャーナラトー師の京都リトリート22

(続きです)【質問】自分は何を求めているのか分かりません。これも大問題で、気持ちええ答えもないんですが。「道」があって。私は縁あってタイで出家しました。自分の今までの道のりを見ても、周囲のお坊さんを見ても、すんなりとはいかないんですね。山登りみたいなもので、登り終えると短い大したことのない道であっても、登っている最中は頂上は見えないし沼地でズブズブはまるし大変です。「我」での修行をしてたんですね。し...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク