FC2ブログ

記事一覧

先日感想を書いた『早く死ねたらいいね!』が印象に残っていたせいか、妙な夢を見た。私の部屋が瞑想会の会場に選ばれたといってたくさんの人がやってくる。もうすぐ指導者の僧侶も到着するようだ。数十人は来ている。私の部屋は現実と全く違う、畳敷き和室六畳に住んでいる設定である。その人たちをどこに入れればいいのか。夢の中の私は困惑することなく奥のふすまを開ける。そこに「ないはずの大広間」がある。今度は制服を着た...

続きを読む

『ヤマ・ニヤマ ヨガの10の教え』

デボラ・アデル『ヤマ・ニヤマ ヨガの10の教え』ガイアブックス著者は教養学と神・宗教学の修士号を取得。ヨガ指導者の資格であるERYT500をはじめ、クンダリーニ・ヨガ、ハタヨガ、ヨガセラピー、そして瞑想の資格も取得。ゲシュタルト療法とソマティック指導者としての訓練も受け、ビジネスとヨガ哲学の知識を組み合わせて設立したヨガ・ノースは、彼女が14年以上率いているヨガ・センターで、現在も人々が集う場所として発展し...

続きを読む

片づけ本棚篇

じりじりと暇を見て片づけをすすめている。洋服の次は本棚を片づけた。これも2015年に大量に処分した後だったので、すべてを本棚から出すのなどあっという間であった。ブログで読んだ本を紹介していると愛書家で大量に蔵書があるように誤解されるときもあるが、たいていの本は図書館から借りて読むか、買って読んだ後にチャリボンで処分してしまうので本棚はスカスカだ。※チャリボン=古本をバリューブックスに送ると、その買取金...

続きを読む

クラニオ整体

右足の古傷を癒すため、引き続き整体にかかっている。神楽坂の女性専門整体。施術してくださるスズキさんはいくつかの瞑想会でもご一緒しているので、安心して体をお任せすることができる。ダンスと刀禅をやめて一か月以上たった。先月の整体ではまだ足が痛かったのだが、そのあとゆるゆると復調して、今は苦痛を感じるほどの痛みはほぼなくなった。週に一回程度の軽い運動でも、自分の心身に意外と大きな影響を与えていたようだ。...

続きを読む

イベント幹事

世俗の付き合いは疲れる、などときいた風な口を利きながら、結局のところ巷に住んでいる。ジャズ喫茶をまわっては内装や飲んだものなどメモするという趣味を去年から(20170715記事)始めたのだが、まわった件数が百件を超えたのでそのメモを公開することにした。よく行くジャズ喫茶のうちの一軒が新しいお店で、人寄せも兼ねてそこで。その話をしていたら全国のジャズ喫茶をめぐっている方がたまたま居合わせて、その方が作った写真...

続きを読む

 片づけ洋服篇

近藤麻理恵著『人生がときめく片づけの魔法』に記された方式(略してこんまりメソッド)に従って自分の持ち物を総整理してみることにした。これまでも断捨離と称して持ち物を減らすことはたびたびあったが、一つの本を読みこんで、書いてある通り忠実にやってみるのは初めてかもしれない。まずは着るものから。クローゼット(バー1メートル分)とプラスチック衣装引出5さお分。これが私の持っている衣類のすべてである。それをすべ...

続きを読む

1000本ノック

昨日アップしたのがこのブログの1000本目の記事だったそうだ。ブログの管理サイトが親切に教えてくれた。といっても過去の記事の中には削除してしまったものも多いし、ただの「お知らせ」のようなものも一本に数えているからあまり意味のない数字ではある。しかし1000回も記事の登録作業をしたといわれると、やはり感慨深い。このブログを始めた時に、とにかく毎日何かしら瞑想に関係したことをアップしよう、そして1000日は続けよ...

続きを読む

スワリノバに行ってきました

森竹さんがお世話くださっている「スワリノバ」という瞑想会がすごくいいよと友人から聞いていたのだが、すこし前にやっと伺う機会に恵まれた。その日は1ザには間に合わず、2ザから入った。1ザはおよそ30分、予鈴、開始、終鈴ともに鐘の音で指示され、開始から茶話会までは沈黙。会場の和室は明かりが消されているが、控室や廊下から光が差し込んでいるので目に優しい程度の暗さである。庭に面したまわり廊下の座布団の上に座して...

続きを読む

『人生がときめく片づけの魔法』

近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』サンマーク出版2016年に大断捨離を決行(2016年1月25日記事)して以来、リバウンドすることもなく簡素に暮らしている。この記事のあと、キャビネットを一つ入れてカラーボックスを捨てたので、もう少しすっきりした。おおむね今の住環境には満足している。しかし、もう一息、前に進めそうな気もする。今までの自分が体験したことのないレベルまで行ってみたい。とはいうものの、ミニマリ...

続きを読む

一日瞑想会@home

 『引き寄せ』には最近あまり関心がない私だが、『引き寄せられ』に遇う頻度はむしろ上がっている。『引き寄せられ』などということばがあるのかどうか知らないが、自分の行動が他人の望みを偶然に叶えている状態を仮にこう呼んでいる。ミャンマーのスーパーマーケットで中国製の爪楊枝を買った。日本のものと違う形とパッケージのロゴが気に入ったのだ。帰国後ある友人にその楊枝をお菓子などとともにおすそ分けした。ファミレス...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク