FC2ブログ

記事一覧

アチャン・ニャーナラトー師の日帰りリトリート(瞑想会)3

このリトリートを通じてのキーワードの一つが『電車と駅』。アチャン・チャーがたとえ話で説かれたそうだ。心を大きい駅に例えると、心の出来事は電車のようなものである。速く来るものも、ゆっくり来るものもある。美しい高級客車も、汚い貨車もある。混みあったものも、がらんとした回送もある。電車は来て、いつかは出ていく。それがただ起こっているだけだ。ふつうの人は電車のことを思い悩んでいる。また着いたとか、早く出て...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトー師の日帰りリトリート(瞑想会)2

さて第一日目。受付が終り、10時よりお話。前掲のメッセージと同じ趣旨のことばで、「修行」と聞くと緊張して頑張る。それもいいけれど、あまり無理をしないようにということがまず注意された。もう一つ、このように日常の中で瞑想の時間を持つことに意味がある。このリトリートの間のひとつだけのルールは「しゃべらない」。コミュニケーションは大切なことで、「沈黙が正しい」というわけではない。しかししゃべるのを休むことで...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトー師の日帰りリトリート(瞑想会)1

8月11、12日に開催されたアチャン・ニャーナラトー師の瞑想会に参加しました。日帰りですが2日連続で、参加中は無言行。私にとって久しぶりの長時間の瞑想会です。主催の森竹さんのサイトより、会の趣旨とアチャン・ニャーナラトー師のプロフィールを引用させていただきます。森竹さんのサイト「コマメディア 〜史上最弱の仏弟子コマメ〜」20世紀の大長老アジャン・チャー師の正統な流れをくむ、欧米最大のテーラワーダ僧院である...

続きを読む

思考の止め方がわかった

東急be青葉台校のマインドフルネス講座を受講しています。第三回の講座レポートをやっと昨日アップし終わったのですが、先日は第四回の講座を受けました。第四回の講義の内容は、第三回とほぼ同じですが、歩く瞑想の詳細な手順解説がありました。各自に対するインストラクションが中心になっているので、講義内容は変化がなくても毎回教わることは違う、という印象です。この日も前回と同じように「意門を観察するのが得意な人は、...

続きを読む

マインドフルネス講座三回目5

(続きです)*******体が揺らぐと感情が動くといいましたが、体の動きを見てジャッジすると(「いけない」とか「失敗」とか)感情が動くんです。判断しなければ感情は動きません。観察をする自分が100%ということは普通ありえないのですが、少しでもこの割合をあげていきたいんです。観察する自分がいれば、実習しているあいだ何を見てどう考えていたかがレポートできます。のめり込んでいると「なんだか分かんないうちに...

続きを読む

お知らせ

マインドフルネス漫画、更新されています。blog『日常と瞑想 マインドフルネスを日常に活かす』8月26日付6話まで来て、ライオン君とニャー子の掛け合いも馴染んできました(?)。今回のニャー子が可愛い感じで描けて、自分では気に入っています。よろしくご覧くださいませ。生きとし生けるものが幸せでありますように。...

続きを読む

マインドフルネス講座三回目4

(続きです)体の感覚にラベリングするのと同じように「イライラしている」「喜んでいる」あるいは「ハッピー」などと付けます。コツは、「感想ではない」ということ。だから、つける言葉に注意してください。この例は感情ではなく身体感覚ですが、ぶつけた時に「痛い!」では、身体感覚に対する感想と区別がつきませんね。「痛み」と付けると純粋に感覚へのラベリングになって、感想ではなくなります。腹が立った時でも「ちくしょ...

続きを読む

マインドフルネス講座三回目3

(続きです)*******終わった後、ほっとした感覚があったでしょう?今に集中することで、過去の公開や未来への心配に翻弄されなくなる。親指の動きに集中して気づいていくことで、今に集中して落ち着いた自分になれるんです。だから、終わった後爽快感があるんです。もちろん、不安や後悔を0にするのは難しいです。いくらかはそういう気持ちがおきていても、でも「今」に気づく割合をあげていくのが目標です。今の質問で「...

続きを読む

マインドフルネス講座三回目2

(続きです)それでは実習しましょう。これはマインドフルネスの技法ですが、自分で自分の体に触れていきます。まず楽に座って、両手で頭の上から順番にもんでいきます。ごく軽く、さする感じでいいです。頭の後ろから肩、胸、腿、腿の後ろから逆に背中をふれていきます。この時、ラベリングなどを利用して感触に集中してください。ふれることでセロトニンが出て、落ち着きます。瞑想の前などにやってもいいと思います。さて、楽に...

続きを読む

マインドフルネス講座三回目1

東急be青葉台校での講座受講も今期三回目。テキストに依拠しているのではなく、その回の出席者のニーズなどに合わせて先生が講義、実習、質疑を繰り返していく形式です。それでは今回もノートをシェアします。メモを元に書き起こしているので、先生の言葉そのままではありません。ご了承ください。********それでは前回のおさらいから。ヴィパッサナー瞑想とマインドフルネス瞑想のエッセンスとは何か?3点あげます。1....

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク