FC2ブログ

記事一覧

おどるしのちゃん

朝の習慣のうち、瞑想と日常内観はやめたけれど、三宝帰依他の礼拝と仏典を何ページか読むこと(いまは片山一良『パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ(大念処経を読む)』)、それに掃除と軽い運動は相変わらずやっている。どれも苦にはならないが、スクワットと腹筋をするのだけが億劫だ。最近はテンションを無理やりにあげるため、脳内に賑やかな音楽で踊るしのちゃんを呼び出すことにしている。作り笑顔をして、手足をデタラメに動...

続きを読む

カフェ潮の路オープン!

4月18日火曜日、前夜からの強い雨も上がり、夏日の予感がする日射しがさしている。今日は『カフェ潮の路』の開店日。「おはようございまーす」と階段を上がると、Kさんが電気もつけずにしょんぼりしている。「今日、定食出せないかもしれない~!」「どうしたんですか」「焦がした(泣)あと、サラダの味付けも失敗しちゃった」「あらあら。でも、何とかなりますよ」味を見せてもらうと、別に焦げ味はない。それよりもちょっとぼんや...

続きを読む

『カラス屋の双眼鏡』

松原始『カラス屋の双眼鏡』ハルキ文庫またしても松原先生のカラス話。どれだけカラスが好きなんだといわれそうだが、面白いんだからしょうがないです。今回は単眼ではなく『双眼鏡』で、カラスにかぎらずほかの鳥や動物も登場する。といってもヘビやクモやアリといった身近なものばかり。「生き物たちを眺めながら歩いていると、『楽しいことなんか何もない』という虚無感に陥ることだけはない。なぜなら、この世の中はありとあら...

続きを読む

インナーチャイルドとお出かけ・4月ノリノリ一人カラオケ篇

(昨日の続きです)操作パネルが机の引き出しにあたる部分にあるので、しゃがみこんで小さいボタンを爪先でピコピコ押さえて入力。検索。あーこれもないな。なんでキーボード入力じゃないんだ。五十音順だとかえって探しづらい。うんうん言って何曲か入力したらもう10分以上たっていた。後知恵だが、料金を考えるとフリータイムで入った方が飲み物もゆっくり飲めてよかったような気がする。しかも入力しているうちに一曲目が始まって...

続きを読む

インナーチャイルドとお出かけ・4月ひとりでできるもん?篇

今月もインナーチャイルドのしのちゃんのご希望を聞いてお出かけする日がやってまいりました。実は今月の企画は結構前から決まっていたのです。新宿、大ガードの西側。「思い出横丁」の向かいのビル。こんな看板。そう、一人でカラオケをしに来たのですよ。ある日またしてもデタラメな鼻唄をうたいながら歩いていたところ、「ヒトカラ」という看板が目についた。調べてみると、一人でやるために特化したカラオケがあるというではあ...

続きを読む

『今、目覚める 覚醒のためのガイドブック』

ステファン・ボディアン『今、目覚める 覚醒のためのガイドブック』ナチュラルスピリット善友けーさんからのおすすめで読みました。著者は「目覚めの学校」の創始者及び校長として、30年以上にわたり、目覚めへの直接的アプローチを教えてきた。近年は、カウンセリング、教育、執筆活動を通じて、他者の真実の炎を燃え立たせることに専念している。(【著者プロフィール】より)曹洞宗の僧侶の資格を持つ著者は、禅からヴィパッサ...

続きを読む

『一緒にいてもスマホ SNSとFTF』

シェリー・タークル『一緒にいてもスマホ SNSとFTF』青土社著者は臨床心理学者でマサチューセッツ工科大学(MIT)科学技術社会論の教授。著書に『インティメイト・マシン―コンピュータに心はあるか』『接続された心―インターネット時代のアイデンティティ』などがある。訳者あとがきによると前記2作品において著者はコンピュータ、インターネットにかかわる人々に取材し、テクノロジーが人間生活に与える恩恵を肯定的に捉えていた...

続きを読む

お知らせ

ブログ「日常と瞑想 マインドフルネスを日常に活かす」4月23日付け記事でマンガの第二回が掲載されています。よろしければご覧ください。http://blog.livedoor.jp/bemindful/archives/1065648471.html最近こちらのブログの更新頻度が高くて、私も楽しみにしています。生きとし生けるものが幸せでありますように。...

続きを読む

人は変われる

先日こんなニュースをインターネットで目にしました。「三つ子の魂百まで」は間違い? 人の性格は60年間で劇的に変わるという研究結果(WIRED)英国で1947年に14歳だった男女に性格診断調査をして、63年後に被験者の一部に再調査をしたところ、ほぼすべての項目で相関性が「見られなかった」。「気分の安定性」と「慎重さ」では低い相関がみられたものの、別人のように変化していたというのだ。このニュースのもとになっているオン...

続きを読む

カフェのプレオープン

見学会の一週間後が、プレオープン一回目。関係者しか来ないけれど、予定のメニューでお金を頂いてお出しするという日だ。稲葉さんとKさんの人徳もあり、私がついた時にはお手伝いの男性が2人、すでに来て掃除しており、ホール接客やるよという女性が3人も来てくれた。そして極めつけは、Kさんが修行したモモガルテンのオーナー御夫婦が来て、キッチンのフォロー(というかメイン)をしてくださった。ありがたいことだ。12時開店で1...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク