FC2ブログ

記事一覧

反応しない練習 草薙龍瞬師朝日カルチャーセンター講義4

(続きです)人生の問題がどこから来ているのか理解する。そして考える。心の苦の段階に三つあります。1.反応=漏(ろう)(āsava)煩悩といってもいいです。一時的な欲求で、怒り、欲、妄想を感じることです。これを抑えるために、感覚に意識をとどめる練習をするべきなんです。感覚を感じとれれば、気付けていれば、強い。意識をとどめることができずに漏らしている心は弱い。私たちの日常生活って、「だだ漏れ」なんですよ(...

続きを読む

反応しない練習 草薙龍瞬師朝日カルチャーセンター講義3

 (続きです)心を落ち着かなくさせる要素が三つあります。《貪欲》《怒り》《妄想》例えば『慢』という気持ちがあります。自分の価値にこだわる心で、他人より自分が優れているというプライドも、他人より劣っているというコンプレックスも慢です。これは「認められたい」という《貪欲》と「どこかに素晴らしい、理想の存在がある」という《妄想》の組み合わせでできています。テレビの映像が三原色の組み合わせで成り立っている...

続きを読む

反応しない練習 草薙龍瞬師朝日カルチャーセンター講義2

(続きです)今からお教えするのは一生使える心の使い方で、それは自分の一つ一つの苦しみを洗い流し取りのぞいていこうという「道」でもあります。ここでいう「道」というのは人生そのものです。道元曰く『道無窮也』。道のない人生は心が見えていないまま迷い続けていく。仏教で「無明の闇路」ともいいます。道のある人はこれから何を目指すか理解している人です。今、自分がどういう心の状態=境地にいるのか、そしてこれからど...

続きを読む

反応しない練習 草薙龍瞬師朝日カルチャーセンター講義1

草薙龍瞬師の講義を朝日カルチャーセンターに聞きに行ってまいりました。講座のタイトルは『反応しない練習』。いつものごとくノートをシェアしたいと思います。私が聞きもらしていること、誤解していること、多くあると思います。諸賢兄姉はお気づきの点をご指摘いただけるとありがたいです。広めの教室に30人以上は入っていたのではないでしょうか。机といすが並んで、前にホワイトボード。大学の教室みたいな感じです。この回は...

続きを読む

うたうしのちゃん

瞑想しなくなってから、気分が軽くなってきている。鼻唄を歩きながらうたってみたり、毎朝のストレッチをする前にちょっと尻を振って踊ってみたりする。そんなことをしている自分に気がついて驚く。「しのちゃん、そんなキャラじゃなかったよね!」そして面白くなって笑う。上のマンガ、道を教えた後で(聞かれたかも、恥ずかしい)という自意識と、(落ち込まなくてもいい)となだめる自分が出てきた。そこまではいつもと変りなかっ...

続きを読む

雑司が谷ときどき市と手創り市

おだやかな春の週末である。スミレの花束をもって、出かけることにした。雑司が谷へ。法友Mさんのお店、『エクレクティク』の店先で小さな市があるそうで、のぞきに来たのだ。何だかセンスのいいものが並んでいる。『エクレクティク』はMさんのオリジナルのアクセサリーのお店で、店内はこんな感じ。お買い物をして、近くの鬼子母神と大鳥神社境内でやっている手創り市にも回る。路上で古本市もやっている。大鳥神社境内の方は服が...

続きを読む

インナーチャイルドとお出かけ・3月一足早くお花見篇

お弁当を持って出かけてきたのは新宿御苑。もう一週間も後なら桜がきれいだが、そうすると正門から新宿三丁目駅まで入場待ちの行列ができる名所である。今日は休日とはいえまだ空いていて、スムーズに入場。おお、私の好きな白木蓮が満開ではありませんか。子供の歓声が聞こえる。そして、ひらけた芝生の片隅にシートを敷く。カップル、家族連れ、子供連れが多い中で、わざわざ一人でシートを敷いている人はあまりいない。そりゃそ...

続きを読む

インナーチャイルドとお出かけ・3月はピクニック篇

 「で、今月はどうしたいの?」先だって神保町で「今日どこかお散歩行こうか」と誘って「思い付きで誘うんじゃなくてそれなりに誠意を尽くしてほしい」的な返答をもらった。面倒くさいやつだな、しのちゃん。そういうことを言ってはイケマセン。自分を大切にすることで自己肯定感を育み、不全感を解消するのがインナーチャイルドワークの眼目。世界で一番大切な自分をそれにふさわしく丁重に扱うことで、自分の世界観も底上げされ...

続きを読む

『緩和ケアという物語 ―正しい説明という暴力』

岸本寛史『緩和ケアという物語 ―正しい説明という暴力』創元社著者は精神科医師。現在、高槻赤十字病院緩和ケア診療科部長。京都大学医学部付属病院で緩和ケアチームを立ち上げた。そこでの臨床体験を中心にこの本は書かれている。共訳書に『ナラティブ・ベイスト・メディスン』『ナラティブ・メディスン』、著書に『癌と心理療法』、『緩和のこころ』、『ナラティブ・ベイスト・メディスンの実践』など。サブタイトルの「正しい...

続きを読む

ゼンタングル講座受講してみました。

しばらく放ってあった『ゼンタングル』だが、一度ちゃんとした入門を受講してみたいと思っていた。手ごろな講座があることをネットで知り、行ってみた。(私が受けた講座)場所は銀座の貸し教室。細い階段を上がると、明るくてきれいなお部屋に机とホワイトボード。今日は90分一回完結の講座だ。午前が基礎、午後に応用。私が申し込んだのは基礎編だけ。受講者5人に講師一人。まずは『ゼンタングルとは何か』というあたりから説明が...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク