FC2ブログ

記事一覧

ふりかえってみて

インナーチャイルドのお話の途中だけれど、大晦日らしく総括めいたことをしておきましょう。進行中のと並行して過去の体験談を書いているので、読む人にはわかりにくいだろうし(すみません)自分の備忘にもなりますし。2012年7月独学で座りはじめる。11月東京瞑想会初参加。2013年1月1Day合宿初参加。5月二泊三日短期合宿。この頃病院ボランティアはじめる。見よう見まねで日常内観をはじめる。9月内観1回目。20...

続きを読む

インナーチャイルドワーク4

(『インナーチャイルドワーク1~3』からの続きです)そんなある日、しのちゃんがとんでもないことを言い出した。夜寝る前をしのちゃんに「ストロークを与える」(くどいようだが、これ日本語としてもっとどうにかならないかと思う)時間にしていた。『確認のことば』を語りかけた後、「しのちゃん、おいで」と声をかけ、インナーチャイルドがやってきたら「何歳ですか」と年齢を確認し、今どんな気持ちか尋ね、したいことや欲し...

続きを読む

インナーチャイルドワーク3

(『インナーチャイルドワーク1、2』からの続きです)翌日から、インナーチャイルドを感じる日々が始まった。「インナーチャイルドにストロークを与える」ストロークをどう訳したらいいのか。私の感覚では「良い働きかけをする、面倒を見る、愛情を与える」という事だ。具体的には『確認のことば』を一日最低一回、できるだけ何度も心の中で唱える(本では口に出して言えとか、書いて部屋に張り出せとかあったが、私は抵抗があっ...

続きを読む

インナーチャイルドワーク2

(『インナーチャイルドワーク1』からの続きです)Tさんがナレーションを始めた。ナレーションに従って自分が乳児の頃の過去に戻り『確認のことば』(自分に対して贈るアファメーションの言葉。あらかじめ作っておく)を乳児の自分に告げる。乳児の自分を抱きしめ、その感覚を感じて、自分をベッドに戻し、ゆっくりと記憶の小道を現在に向かって戻ってくる。おおよそ一時間かかるワークだ。ところが、ナレーションが始まってすぐ...

続きを読む

インナーチャイルドワーク1

2015年1月の1Day合宿インストラクションで今までやったことでは全然足りないのだと思い知らされ、がっくりと肩を落とした。しかし、それならばとにかくやれることを片っ端からやっていかなくてはと気を取り直した。と書くとずいぶん立派に対処したようだが、実際には法友の方々にさんざん泣き言を聞いてもらい、慰め励ましていただいたのだった。本当にありがとうございます。内観を三回もやったのに、私の心の中にはまだ泣き叫ぶ...

続きを読む

運び屋

願望が実現する過程については想像しないというのが願望実現のコツだそうだ。「過程を想像しすぎるとリアリティがなくなる」というのが地橋先生のおっしゃった理由だが、現実には想像の及ばないような仕組みで実現することが多いから、やっぱり『お任せ』するのが正しい気がする。自分の願いが叶う途中に、いろいろな人がそれと知らず介在して役目を担ってくれている。そうだとすると、私たちが毎日やっていることも何かしら見知ら...

続きを読む

モテ期到来?

「瞑想をすると、モテるようになる」この命題は果たして真か?何年か瞑想をつづけられた方ならきっと心当たりがあるでしょうが、モテるようになるのは確かだと思います。ただし、『モテる』という言葉の定義をきちんとしておかなきゃいけませんでしょう。「性的な魅力によって異性に優遇される」という意味なら、そういう現象は、起きません。ん?いや、どうかな。私がそういう方面に縁がないだけで、人によっては瞑想で魅力を開花...

続きを読む

『心の傷を癒すカウンセリング366日 ―今日一日のアファメーション』

西尾和美『心の傷を癒すカウンセリング366日 ―今日一日のアファメーション』講談社+α文庫私の座右の書をご紹介します。自分が回復するためのヒントがつづられた一ページ程度の短い文章が、閏日も含めて366日分収録されています。タイトルの通りアファメーション(自己肯定)の言葉が章の最初にかかれています。毎日同じ言葉です。自分は生きるのに、あたいする人間です。自分は、自分のままでいいのです。自分は愛するに、あたい...

続きを読む

白旗をあげたら楽になる

「東京掃除に学ぶ会」の新宿クリーン作戦の日だったのです。行きませんでした。絶対に行こうと思ってて、他人に私も行くから行こうとおすすめしておいて、今朝起きたら8時でした。「起きられないのは起きたくないからなんですよ」とよく地橋先生はおっしゃいます。「できなくていいと心の奥底で思ってるからできないんですよ」と。禁酒、禁煙、ダイエット、早起き、どんなことでも、本当にやる気になればできると。ここで「私は意...

続きを読む

ダンマな一日

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク