FC2ブログ

記事一覧

しってるとしてる

ボランティア先の病院で、職員向けの研修を受けさせてもらえることになった。内容は『接遇研修』、マナーのお勉強だ。講師はJALの子会社から派遣された元客室乗務員の方で、立ち姿がさすが美しい。会議室の入り口で、受講者をお迎えしてくださっていた。なるほどと思ったこと。《人間関係構築の基本五原則》挨拶 自分から先に・相手の目を見て・相手に合わせて・大きな声で明るく・続けて表情 豊かな表情と心からの笑顔身だしな...

続きを読む

1月の1Day合宿の後

前日の続きだが、この合宿の後、数日間は泣きながら暮らした。どうしようもない絶望感。抑うつ感。これまで瞑想に関してやってきたことが全て否定されたような感覚。「死にたい」と「私はだめな人間だ。もう瞑想をやめたほうがいい」という想念でもみくちゃにされた。記録を読み返すとフラッシュバックだとおもうが、その時には気づいてなかった。今もレポートから要約しようとするとかなり苦しい。実はこれを書こうと思ってから今...

続きを読む

昼間のアウトリーチ活動

11月の連休最終日は「アウトリーチ活動」に参加してきました。「住まいの貧困に取り組むネットワークの呼びかけで行なっているアウトリーチ活動(住まいを失った方々への声かけ・情報提供)では、ふだん支援団体が活動していない地域を中心にまわっています」ということで、飯田橋にある「NPOもやい」の事務所に集合。いつもは夜7時から9時くらいまでなのですが、休日ということで珍しく「昼回り」です。『住まいの貧困に取り組む...

続きを読む

師友Tさん3

(前日よりつづく)先週の月曜の夕方、「訃報」というタイトルのメールを受信した。どんな内容かは、タイトルで分かった。もっと衝撃を受けるはずで、涙が出るはずなのだが、全く心が動かない。愛着障害にもほどがある。なぜだ。自分で自分に納得がいかないまま、通夜、葬儀と参列した。駆けつけた法友が泣いているのを見た時にもらい泣きしそうにはなったが、それは単なる情緒だ。斎場には喪主である御長女が描かれたTさんの肖像...

続きを読む

師友Tさん2

(前日よりつづく)こう書くとTさんが完成された人格のように見えるが、彼女なりにご自分の家族関係や仕事で悩み苦しむこともあったし、またそのことを率直に開示しておられた。そしてその苦しみを精進で克服されるたびに表情、雰囲気が明るく優しく清々しくなってゆかれて、彼女の変化を間近で拝見することで私だけでなく周囲の法友皆が力づけられたと思う。夏に、仕事を今年でやめる決心がついた。今年に入って持っていた連載が...

続きを読む

師友Tさん

友達自慢をさせてください。Tさんと知り合ったのはグリーンヒルの東京瞑想会。スタッフとして受付で参加者のお世話をしてくださっていたのだ。はじめてお目にかかった時から、何とも懐かしい気持ちがしたのを覚えている。八王子道場の最後の合宿に参加した時、バス停から緑の小道をたどっていて、Tさんの後ろ姿が見えた時のときめきは忘れられない。同じ合宿に参加できるということがとても嬉しかった。二泊三日だったが、たしか...

続きを読む

やってみたら、できた。

『回避性愛着障害』の克服方法にもあったが、「思い残しをなくす」のは瞑想にとっても大切な事らしい。地橋先生もダンマトークで「執着から目をそらして悟ったふりをしてもだめです。願望は叶えて幸せになって、その幸せの儚さ、空しさを実感するんだね」とよくおっしゃっている。この夏の事だ。合宿に申し込んだが満席だった。ぽっかりと空いた数日をどうしよう。ふと、ヨガをやってみようと思い立ち、法友や図書館から参考書を借...

続きを読む

仕事帰りの自主瞑想会スペシャル御礼

昨日の『仕事帰りの自主瞑想会スペシャル』は延べ20人近くの方にご参加いただき、盛況でした!ありがとうございました。一時は座禅用の場所が満席になるほどで、皆さん無言行で真剣にサティを入れてらっしゃいました。お食事・喫茶用スペースでも気を抜かずに、一挙手一投足サティを入れておられるのを見ると、瞑想とは尊い営みだと感ぜられました。私の方は相変わらず瞑想以前の問題で、座るなり惛沈睡眠。前後不覚で、横たわっ...

続きを読む

仕事帰りの瞑想会スペシャル!

お知らせです!明日(もうすぐ今日)は★【仕事帰りの自主瞑想会スペシャル】11/15(日)10時~17時@谷中初四町会館(日暮里駅徒歩10分)☆参加費500円・出入り自由・申し込み不要。途中参加、早退、全く問題ありません。無言行ですので、後から来た方は掲示をご覧になって受付(参加費支払いと署名)をお済ませください。☆参加資格:グリーンヒル主催瞑想会または朝カル講座等で初心者指導受講済みの方。当日は自主瞑想会なので指導者...

続きを読む

「回避性愛着障害」

岡田尊司「回避性愛着障害」光文社新書昨日の「愛着障害」の著者が、特に回避性の強い愛着スタイルを持つ人々について書いている本。「愛着障害」と同様に末尾に「愛着スタイル診断テスト」がついていて、自分の愛着スタイルを自己診断できる。私は「恐れ―回避型」で『愛着不安、愛着回避とも強く、傷つくことに敏感で、疑り深くなりやすいタイプ』だそうだ。もう少し安定しているかと思ったので(それこそ慢ですが)がっかりした...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク