FC2ブログ

記事一覧

ごんたくんの旅立ち

みなさん、ありがとうございます。たった今、ごんたくんの解放に成功しました!10月21日の日記に附けた、例のうちの押しかけペット(?)の話です。あれから毎日、生ごみは寝る前に封をして、朝出かけるときにきれいにさらえて(マンションなのでごみ室に毎日捨てられる)、浴室はドアをまめに閉めて、流し台は拭き上げて水気を残さないようにしていた。そして朝晩、慈悲の瞑想では「私がきらいな人も」のところでごんたくんの幸せ...

続きを読む

形見分け

1Day合宿の後の打ち上げ(お茶会)は全員が席順に自己紹介をして、他の人が質問するという形式だ。思い切って自己開示してくださる方がいると、そのあとが盛り上がって様々な問題を共有でき、実り多い時間になる。先日私が「仕事に区切りをつけていろんな物を処分している」とお話したら「そうやってどんどん処分していくのはどういう感じですか?」と質問してくださった方がいた。「物を手放して他人にお譲りしていくのが、自分で...

続きを読む

私の日常内観

さっきも今日の分の内観をカードに書き終えたところだ。先生に送りはじめてから一年過ぎたが、何回やっても楽しい作業にならない。特に、取り掛かるまでが難題だ。カードを机に出してペンと修正テープをそろえてさて、というところからいきなり記憶が途切れて一時間たってたりする。ハッと気づくと台所で何かしてたりして、記憶をたどると(内観しながらお茶を飲もう→おやお湯が切れてる、沸かすか→熱湯があるんならこの間貰った新...

続きを読む

刑事が来た!

10日ほど前の昼過ぎのことだった。ピンポーン「はい?」「N署のNと申します。ちょっとお話伺いたいことがあるんですが、よろしいでしょうか」「!?」一瞬不安がよぎる。ほんとに刑事さんかしら、とか。一応チェーンをかけたままドアをあけると、身分証を見せてくれた。POLICEと入ったバッヂのようなやつ。もうテレビを持たなくなって何年も経つので黒い警察手帳のイメージしかなくて、その格好よさに驚いた。小柄な私服警官と二人...

続きを読む

「ピダハン」

ダニエル・L・エヴェレット著「ピダハン」みすず書房刊小松左京か誰かのファーストコンタクト物のSFだったと思う。登場人物が地球外生命と思しき生き物の話しているのを聞いて、「これは地球の言語の特徴を備えていない!」と判断する場面があった。この人が聞いたらピダハンも半分くらいは地球外生命の資格があるのかも知れない。カバーから引用すると「ピダハンはアマゾンの奥地に暮らす少数民族、400人を割るという」「とにか...

続きを読む

EMDR3回目-2

「瞑想で歩いているときに恐怖感を感じるというお話なんですが、私は瞑想のことをよく知らないけれど、恐怖は恐怖として感じるままでいいんじゃないでしょうか?それじゃダメなんですか?」おっしゃる通りである。怒りも妄想も恐怖も、浮かんできたものが「ある」とサティして、そしてパスできれば瞑想としてはそれでいい。というのは模範解答で、恐怖をパスできずひっつかまれた上にそこから逃れるために妄想まみれになったり感覚...

続きを読む

EMDR3回目

遅々として進まぬEMDRである。EMDRを受けに行っていると思うからまどろっこしいので、カウンセリングを受けに行っていてEMDRはその一部にすぎないと思えば納得がいく……かな?いや、できればさっさと恐怖感を消してもらって通院から解放されたいとは思っているのだが。前回でた宿題は今までのトラウマをリストアップするという作業。現在の自分に影響を強く与えている記憶で、思い出すと感情がゆすぶられるものを簡単に書き出し、思...

続きを読む

仕事が終わった。そして願望実現。

昨日展示会が終って、他人と接するお仕事には区切りがついた。あと追加の納品が少しあるだけだ。会期中思いのほか多くの方に、私がこのお仕事を辞めるのを惜しんでいただいた。その度にじわん、と脳内に『慢』がにじむのを感じた。惜しまれてる私、評価されてる私、ステキ!もっとこういう気持ちを味わいたい!という『貪る獣』が『慢』にむらがってくる。一拍おいて(即時にといかないところが泥凡夫の限界ですよ)杖を持った坊さ...

続きを読む

ごんたくんと私

昆虫の話がお嫌いな方はどうぞご遠慮くださいませ。数日前の午前4時、トイレにたった。寝ぼけ眼で食器棚の上(すなわちご本尊の上)の壁にブローチ位の黒い影があるのを見た。ゴキブリ……に見える。というか、明らかにゴキブリだ。そう思った瞬間、攻撃的な不善心所が立ち上がるのを感じたが、(待て、とりあえず寝よう)と自分を丸め込んで電気を消して寝てしまった。夢だったらいいな~と思いつつ朝起きたら、今度はバッチリと冷...

続きを読む

日常内観をつづける工夫

3回目の内観の帰り際に「毎日日常内観しますので、送らせてください」と多布施内観研修所の池上先生にお願いして、快諾していただいた。地橋先生に「内観しなさい」と指導されてからほぼ毎日、ノートに三項目(お世話になったこと、お返ししたこと、ご迷惑をおかけしたこと)を書き出してはいた。しかし3回目の内観を終えて、内観を手放してはだめな私だという実感がわいてきたので、改めてお願いしたのだ。習慣化するのが得意な人...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク