FC2ブログ

記事一覧

12月の自宅リトリート

瓶から液体を器に注いでいると、終わりになって急に流れが速くなる。12月に入ると、そんな調子で一日が過ぎるのが早く、気をつけていないと瞑想する暇がなくなってしまう。というわけでカレンダーには25日に「自宅リトリート」と大きく書き込んでおいた。クリスマスにリトリート、仏教徒にはふさわしい、かもしれない。さて今日も9時から5時まで、気付いていきましょう。と言いつつ、さっそく作務。前回作務を入れ過ぎて、単なる家...

続きを読む

海、わたし、水

12月に入ると忌中欠礼が届きはじめる。ポストに入っていた端書をひっくり返したら、従姉が亡くなったという知らせだった。幼いころ(彼女の方が少し年上だ)正月や法事の折に遊んでもらった記憶はあるが、格別に仲睦まじいというわけではなかった。しかし私が結婚を機に東京で暮らすようになってしばらくして、彼女も関東に暮らすようになった。あらためて話をしてみて趣味や考え方の共通点を発見し、展示の時や叔母が上京した折な...

続きを読む

若い友人へ

ある友人が質問を寄せてくれたのだが、タイミング悪く直接答えられなかったのでツイッターにこういう文章を書いた。「瞑想ができない!」と四苦八苦していた昔の自分が感じていたのと、とてもよく似た課題について聞いてくださったので、つい熱くなって長々と書いてしまった。今の自分の考えがよく出ていると思うので、ここに再録しておきます。********昨日ご質問を頂いていたが、取り紛れているうちにお返事のタイミング...

続きを読む

俺に関する噂

スワリノバにほぼ毎月参加している。目白庭園の赤鳥庵が会場の、森竹さん主催の瞑想会だ。縁側から日本庭園を見ながら坐るという贅沢ができる。秋になると開始時刻には陽が落ちているが、庭を囲む木々のシルエットと空を区別することはできる。その木の間から街灯や、近くを通る電車のヘッドライトがちらちら見える。時間になると照明が落とされて、一座30分は鐘でお知らせされる。一回三座、三座の終わりには森竹さんが一人一人に...

続きを読む

11月の自宅リトリート

自宅リトリートといっても、言葉を使わない(ネットを含めて文字を見ない、話さない)だけで家事は普通のスピードでやるし、脇から見ていると外出しないただの休日と変わりがないだろう。でも「今日はリトリート」と思っている時と普段の生活とでは、内側がちょっと違う。「常に念を失わず」なんてことはできないが、ぼんやりと思いにハマりこんでいた後に「自分に戻る」という自覚がある。ハマりこんで、戻って、なるべく気づいて...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク