FC2ブログ

記事一覧

プラユキ師の向春の一日リトリートレポート17

(続きです)ゆっくりとお茶を味わった後、プラユキ師のお話になった。**********しっかりと気づきを作ってゆけば、この世の様々なことに翻弄されなくなる。そして常に今ここを、生き生きと味わい深く生きてゆくことができます。さっきお茶を頂いたように、しっかりと味わって。「ハレ」と「ケ」という言い方があります。ハレの場というのはエキサイティングで、喜びも大きい。でもケの場、日常を一コマ一コマ味わっていけ...

続きを読む

『大乗仏教 ブッダの教えはどこへ向かうのか』

佐々木閑『大乗仏教 ブッダの教えはどこへ向かうのか』NHK出版新書572このブログではもう何度もとりあげている佐々木閑氏であるが、これは2019年1月の新刊。「日本の仏教には、どうしてたくさんの宗派があるのですか?」という質問から始まった社会人学生との対話という形式をとって、仏教成立史をすっきりと説明している好著。ブッダが説いた元型に近いものを「釈迦の仏教」とし、それが時代が下り、遠方に流布し、社会の状況...

続きを読む

お知らせ

昨日は立春、そして今日は旧正月でした。いよいよ春が近づいてきますね。レタスのホームページを作りました!https://mindfullettuce.amebaownd.com/noteではまとめ読みしづらかったワークショップのレポートを一本の記事にまとめてアップしてあります。また、「気づき」についての解説やレタスがどういう団体かの説明、「問題を解決しないコーナー」等の読み物も少々更新してありますので、是非ご覧ください。そしてツイッターも...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート17

(続きです)次のご質問「いろいろな瞑想のやり方のどれが自分にあっているのか分からない」。出家していてもこの問題は継続します。何割かの人は、行きづまると新しい方法を試したりする。私が指導するときは、放っておきます。その中で学ぶことってあります。何をやっても学ぶことは必ずある。間違ったことを信じ始めたりしたら、例えば瞑想しているのに我が肥る、頑固になる、不健康になる、そういうことがあるときには止めます。...

続きを読む

アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート16

(続きです)一つは縁です。出会うべきときには出会うと思います。私が出家する前はマハーシ式を瞑想センターで何週にもわたって滞在してやったり、ゴエンカ式の10日間コースにも何度も入ってやっていました。なぜ出会ったかというと、巷にあったからで。そしてアチャン・チャーのお寺に縁ができて出家しました。アチャン・チャーのやり方にはマニュアルがないのですが、役に立つから広まるんですね。どういうやり方で指導していま...

続きを読む

プロフィール

しの2012

Author:しの2012
女性。
ヴィパッサナー瞑想に取り組んでいます。

カウンター

ブログリンク